白髪染めの種類

利尻ヘアカラートリートメント口コミ体験談

白髪染めには、ヘアカラーやヘアマニキュアのほかに、一時染めなどの便利なアイテムも存在します。

利尻ヘアカラートリートメント > 種類

白髪染めにはどんな種類があるの?

白髪染めには、最も色持ちの良いヘアカラー、低刺激なヘアマニキュア、さっと使える一時染めの3タイプにわかれています。

それぞれに特徴があるので、一概にどれが良いというわけではなく、用途に応じて使い分けると髪のダメージを抑えながら色持ちも良くすることができます。

ここでは、白髪染めの種類と、それぞれの特徴について説明します。

ヘアカラー

酸化剤とアルカリ剤を含んだ1剤と過酸化水素水を含んだ2剤を混ぜ合わせて作る酸化重合型の白髪染めです。

アルカリ剤でキューティクルを開かせ、髪の色素を脱色してから染毛するので、色のつき方と色持ちが良く、一度染めると2~3ヶ月ほど効果が長持ちします。

ただし、髪の色素を脱色する際、髪の水分も一緒に抜けてしまうので、仕上がりはパサつきやきしみを感じやすくなります。

そのため、ヘアカラーは一度でしっかり白髪を染めたい方や色を長持ちさせたい方におすすめです。

ヘアマニキュア

髪の表面に酸性染料を吸着させ、発色させる白髪染めです。

キューティクルを開かず、表面をコーティングするだけなので、髪が傷みにくく、仕上がりにツヤを出すことができます。

ただ、そのぶん発色度合いが低く、光を当てた時にほんのりと色づく程度なので、しっかり色をつけたい方には不向きです。

また、シャンプーのたびに染料が落ちていってしまうので、2~3週間しか色が持たないところも欠点です。

ダメージヘアが気になる方や、それほどはっきり色をつけなくても良い方に向いている白髪染めと言えるでしょう。

一時染め

染料をさっと塗るだけで白髪を目立たなくさせることができる白髪染めです。

染料を塗布した後、洗い流す必要がないので思い立った時にすぐ使えるところが最大のメリットです。

形状にはスプレーやスティック、マスカラタイプなどがあり、携帯にも便利なので外出先でも手軽に使用できます。

ただ、染料はシャンプーですぐに落ちてしまうので、染めるというよりは一時的に色を付けるという意味合いが強くなっています。

よって、ヘアカラーやヘアマニキュアを使うまでの応急処置や、外出先で気になった白髪のカバーに適しています。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 利尻ヘアカラートリートメント.com All Rights Reserved.