ヘアカラーの正しい色選び

利尻ヘアカラートリートメント口コミ体験談

ヘアカラーで希望通りの色に染めるためには、正しい色選びの方法を身につけておくことが大切です。

利尻ヘアカラートリートメント > 色選び

理想の色に染めるためには

ヘアカラーで自分好みのに染めるポイントは、自分の髪質や髪色に合った色を選ぶことです。

多くの方はヘアカラーのパッケージの色を見て判断してしまいがちですが、パッケージの色は一般的に、髪の色素が薄く、染まりやすい方を基準にしています。

そのため、髪の色素が濃く、色が入りにくい方が使用すると、想像とは違う仕上がりになってしまう可能性大です。

一度入った色を元に戻すのはなかなか困難なので、色選びで失敗しないように注意しましょう。

髪質に合わせて色を選ぶ

人の髪質には生まれつき個人差があり、大きくわけると『硬毛』と『軟毛』の2種類に分類できます。

硬毛は1本1本が太くて硬い髪で、直毛が多く、軟毛は別名『猫っ毛』とも呼ばれており、1本ずつが細くて柔らかく、ヘアカラーの影響を受けやすい髪質となっています。

一般的に、軟毛はもとの髪の色素も薄いので、ほぼ希望通りの色か、やや明るめに染まる傾向にあります。

一方の硬毛は髪の色素が濃いので、やや暗めに仕上がりがちです。

そのため、硬毛の方は一段階明るめの色を選び、地毛との色の調整を取るようするとほぼ理想の色合いに染めることができます。

染める前の髪色で選ぶ

ヘアカラーの場合、最初にもとの髪の色素の分解・脱色を行うため、一度の染毛でもかなりはっきり色を付けることができます。

ただ、もとの髪の色素によって仕上がりの明度が異なるため、同じ色のヘアカラーを使っても、真っ黒な髪を染めたときと、真っ白な髪を染めた時では染め上がりの色に大きな差が出ます。

よって、ヘアカラーを使用する場合は、全体の白髪の量によって色の選び方を変えてみると希望通りの色に染め上げることができます。

黒髪と白髪では白髪の方が明るめに染まるので、白髪が多い方は希望通りの色か、またはワントーン暗めの色を選ぶとよいでしょう。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 利尻ヘアカラートリートメント.com All Rights Reserved.