白髪染め後はシャンプーでケア

利尻ヘアカラートリートメント口コミ体験談

白髪染め後のシャンプーには、髪のダメージの抑制と色持ちを向上するという2つの働きがあります。

利尻ヘアカラートリートメント > シャンプー

シャンプーは色落ちとダメージの予防アイテム

ヘアカラーやヘアマニキュアタイプの白髪染めの場合、染料を塗って一定時間放置した後、ぬるま湯とシャンプーで頭部をよく洗い流す必要があります。

余分な染料が残っていると、髪や頭皮の刺激になるほか、開いたキューティクルがなかなか閉じなくなり、髪の内部に浸透した染料が外に流れ出て色落ちの原因となります。

白髪染め後のシャンプーは、色持ちや髪の健康になくてはならない大切な要素ですので、ケアがおろそかにならないよう注意しましょう。

白髪染め後のシャンプーはカラー専用のものを

白髪染めを使うと、染料に含まれているアルカリ剤の影響で、髪の表面を覆うキューティクルが一時的に毛羽立った状態になります。

この働きを利用し、髪の色素の分解・脱色と染料の浸透を行うわけですが、一度開いたキューティクルはすぐには元に戻らず、しばらく開きっぱなしとなってしまいます。

キューティクルが毛羽立っていると、髪同士の摩擦によって傷みやすくなるほか、一度浸透した染料が開いたキューティクルから流れ出すおそれがあり、色落ちもしやすくなるのです。

市販のシャンプーにはアルカリ性の髪を弱酸性に戻す働きはないため、クエン酸などを配合したカラー専用の弱酸性シャンプーを使用し、キューティクルを元の状態に戻すようにしましょう。

白髪染め後のシャンプーの手順

前述の通り、白髪染め後の髪はキューティクルが毛羽立ち、非常に傷みやすくなっています。

そのため、シャンプー中の髪の摩擦は避け、ゆっくり、丁寧に洗髪するようにしましょう。

シャンプーの泡立ちが悪いと髪の摩擦の原因となるので、まずはたっぷりのぬるま湯で染料をあらかた流し終えてから、手のひらでシャンプーを泡立て、やさしく洗っていきます。

白髪染めの染料は1回の洗髪ではなかなか落ちにくいので、できれば2度洗いを行いましょう。

シャンプー後はカラー専用のコンディショナーで仕上げますが、髪のダメージが気になる方はヘアパックで念入りなアフターケアを行うことをおすすめします。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 利尻ヘアカラートリートメント.com All Rights Reserved.